アップルのロゴ入りグッズの取り扱いを始めました。
AndroidやYoutubeなどGoogleグッズ、FirefoxなどMozillaグッズもあります
アップルのロゴ入りグッズなどを紹介
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スマートストアではTシャツやパーカーなどのアップルグッズ、Android/Youtubeグッズを販売
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Pocket Wi-FiでWi-Fiに接続出来なくなった(WEP)
Pocket Wifiを初期状態の暗号化方式「WEP」で利用してる時にWiFiボタンや電源ボタンを何度も押してしまい、PCなどの端末から全く接続出来なくなってしまう事があります。

簡単に言うと「Pocket WifiがWPAに切り替わってしまい、WEPで接続出来なくなる」という現象です

詳しく説明しますので、まず用語説明。
Pocket Wifi:無線LANルータ(携帯電話網を使ってインターネットに接続する装置)
WEP:無線LANの暗号化方式(初期設定)
WPA/WPA2:無線LANの暗号化方式(WEPより安全)
WPS:無線LAN機器同士の暗号化設定を容易にする機能


WiFiで再接続しようとして、、、接続が出来なる
JUGEMテーマ:コンピュータに電源が入っている状態でディスプレイ画面に「WiFi」マークが出ていない状態から、利用を再開するために「WiFi/WPS」ボタンを2秒押ししますが、その際にボタンを長め(5秒以上)に押してしまうと、WPS機能が発動し暗号化方式を一時的にWPAに設定します。

Pocket WifiがWPAに設定されると当然WEPでは接続できなくなります。

じっと待つのが正解
Pocket WifiはWPS機能が発動している2分以内に接続が完了しない場合は、暗号化方式を元のWEPに戻します。

従ってこのまましばらく待つのが正しい対応方法なのですが、このWPS機能動作中の2分の間になんかおかしいと思って慌てて電源を切ってしまうと、無線LANセキュリティ方式がWPAに書き換えられたままになってしまいます。そして、それ以降WEPで接続する事が出来なくなってしまうのです。

WPAからWEPに戻すには
PocketWi-FiがWPAに設定されてしまった場合は、次のような対応でWEPに戻す事が出来ます。
A:設定ツールを開き、暗号化方式をWEPに設定する
URL:「http://192.168. 1.1/」
ユーザー名:「admin」
パスワード:初期設定のWEPキー
B:工場出荷状態にリセットする。

http://faq.emobile.jp/faq/view/102402


最初からWPAで使用する方法も
このような面倒な事にならないためには次のようにします。
A:「WiFi/WPS」ボタンを5秒以上押さないように注意する。
B: 5秒以上押してしまったら我慢してWEPに戻るまでしばらく待つ。
C:WEPを使用せずにWPA/WPA2で使用する
2008年に買ったMacProビデオカード壊れた
2008年に買ったMacProの画面が映らなくなった。
最近ちょっと乱れるとか再起動しないと映らないとかあったのだけどついに映らなくなった。

ビデオカードの交換修理(ATI Radeon HD 2600 XT)を行ったらビンゴ!直りました。

これで2台目。ネットで調べても同様に壊れる人が多いようです。

保証期間が残りわずかでなんとなくビデオ関係の調子が悪い人は直ぐに修理される事をオススメします。JUGEMテーマ:コンピュータ

イラストレータCS3が落ちる 古いフォントとAdobeFnt削除
LeopardにバージョンアップしてイラストレータCS3をインストールしたが、どうも調子悪く頻繁に落ちるという現象がありました。ほとんど使わないフォントをFont Bookを使って削除し、更にフォントリスト・ファイルを削除したところ大幅に調子が改善しました。

*システムフォントを削除しないようにして下さい。Font Bookを使えばシステムフォントを削除しようとした時に警告が出ます。
*Font Bookでシステムフォント以外のフォントを全てオフにして動作を検証する方法も考えられます。

アドビ製品がフォントのリストをキャッシュする目的でAdobe.FntXX.lst(xxは数字)というファイルを作成しています。このファイルが壊れていたりすると調子が悪くなるようです。

フォントリスト・ファイルを検索してみるといろいろ存在していたので全て削除します。Leopardではファイル検索時に「システムファイル」「を含む」という条件を追加しておかないとシステム関連のフォルダ内も検索してません。


検索して見つけたらそれらAdobe.FntXX.lst(xxは数字)すべて削除します。
イラストレータCS3の起動が遅いときも有効です。

TimeMachineでエラー「-43」

TimeMachineを初めて使おうとしたら、「-43」のエラーで使えませんでした。

フォーマットもパーテーションマップも問題ない。

以下の設定ファイルを捨てたら使えるようになりました。
/Library/Preferences/com.apple.TimeMachine.plist


MacBookのディスクがクラッシュ〜復旧まで
MacBookが起動しなくなった。
起動すると白い画面のまま。システムディスクからも起動しない。困った、、、。
基本データはTime Machineでバックアップしてある。あそびのデータは容量節約のためバックアップしていない。

内蔵ディスクを取り出すとシステムディスクから起動できる。内蔵ディスクがクラッシュしたか、、、。

取り出した内蔵ディスクを外付けケースに入れて別のMacで見てみる。シリアルATAは2.5インチも3.5インチもインターフェイスが共通なのでシリアルATAの外付けケースを持っていると何かと役立つ。

こういう時にいつも使うディスクウォーリアを使ってみる。不明ディスクとして認識する時としない時がある。不明ディスクとして認識しても「ローカルに接続したディスクじゃないから、、、」のようなメッセージがでる事もある。どちらにしろ修復できないようだ。

内蔵ディスクからは壊れたような異音は聞こえない。データを全て失った訳ではないと思う。希望的観測。

ディスクの復旧は一旦あきらめて、Time Machineからの復旧作業を行う。(あきらめ悪いので後に修復にチャレンジする)MacBookを予備のディスクに換装しシステムディスクから起動。ディスクをフォーマットしてTime Machineから復旧する。いままでのMacBookに戻った。超簡単。スゲーTime Machine。

これで一安心。MacユーザーはTime Machine絶対使うべき。

さて、精神的に落ち着いたところでここから再び内蔵ディスクの復旧に入る。
ディスクウォーリアが言うように外付けケースからは修復できないのかもしれないので、MacBookに内蔵し直して起動。白い画面は自動修復がかかっているのかも知れないと考え、そのまま放置。10分以上過ぎるとなんとアップルマークが! 修復完了か? と喜んだもののそれ以上進まない。さらに待つとジャーン、勝手に再起動した。修復過程にあるのではと判断し、さらに放置。しかし、白い画面、アップルマーク、再起動を繰り返すだけだ。

やっぱりだめか。

今度はシングルユーザーモード(コマンド+S)で起動してみる。白い画面のままだ。コマンド+Sを押したまま我慢して待つと黒いコマンドラインの画面が表示された。これでfsckコマンドか何かで修復できるかも、と喜んだのもつかの間。起動用ファイル?を読み込めないようで進まないし、入力も出来ない。

起動可能なシステムの入った外付けハードディスク(ディスクウォーリア入り)をFirewireで接続して起動してみる。これまでと同じように白い画面、アップルマーク、再起動を繰り返すだけだ。起動可能なディスクを自動で認識してくれないようだ。オプションキーを押したまま起動し起動ディスクの選択画面を表示させてみる。最初だけ押しても反応ない事をシングルユーザーモードの時に経験したので、白い画面の間中キーを押し続ければいいはず。10分以上かかるので、オプションキーの上に重しを置いてキーが押された状態にして放置。

すると、起動ディスク選択画面が表示された。(白い画面の間コマンド+Cを押し続ければでシステムディスクやディスクォーリアのディスクからも起動できたかも知れない。)外付けハードディスクを選択すると普通に起動した。ディスクウォーリアを立ち上げると内蔵ディスクが不明ディスクとして認識された。ディレクトリの再構築を実行すると今回はちゃんと進む。エラーがいくつか報告されているものの、プレビューで確認してみるとデータもちゃんと残っている。ディレクトリ情報を置き換える前にプレビューから外付けハードディスクに必要なデータをコピーする。時間かかりそうなのでこの日は寝る。

翌朝MacBookの様子を見るとスリープしている。おそるおそるキーを叩くと、スリープから復帰。エラー無くコピーできたようだ。プレビューを終了してディレクトリ情報を置き換えようとするが、。置き換えボタンが無効になっていて置き換えできない。プレビュー解除の手順を間違えたか? 仕方なく一旦キャンセルして再度ディレクトリの再構築し、置き換え実行。置き換え完了。復旧出来た。

これで修復は終わり。再起動すると問題なく起動する。でもやっぱり心配なのでTime Machineから復旧した新しい方の内蔵ディスクを使う事にする。

Leopardで時間帯を設定しても正しい時刻にならない
 時間帯がGMTになってしまったり、東京に設定してもメニューバーの時計がおかしく表示される。日付と時刻のアナログ時計は正しい時もある。

どうやらTigerから移行アシスタントを使ってLeopardに移行した場合に起こる現象のようで、確かに今回は移行アシスタントを使いました。

解決方法はMac OS X 10.5:日付と時刻が自動的に設定されると、メニューバーのデジタル時計が数時間オフになるにあるとおり、「/private/etc/」フォルダから「localtime」を削除して、時間帯を設定し直せばOKです。
MacBook AirでTime Machineを構成できません
MacBook AirでUSB外付けハードディスクのTime Machineのセットアップができないトラブル発生。

Time Machineを設定しようとすると「Time Machineを構成できませんでした。内蔵ネットワークインターフェイスが見つかりませんでした。」とエラーになります。

MacBook AirにはUSBが一つしか付いていないのでネットワークアダプタを外し、USBの外付け
ハードディスクを接続した。Time Machineで使うか聞かれたので使うように答えたのに。

Time MachineはMacのMacアドレスを使って管理されているらしいのでその辺りが原因かと。
ちなみに/Library/......./NetworkInterfaces.plistを捨てても直らなかった。

経過はまた報告します。